FC2ブログ
白華の檻、秋房をクリアしました。
秋房はまっすぐで素直で、単純でおバカですね!
シリアスな展開が続くこのゲームでのお笑い担当(笑)。
幻灯火ルートでは切なくてたまらなかったので、早めにクリアしてあげたくなりました。

以下ネタバレなのでご注意を。
長くなったので続きを読むからお願いしますm(_ _)m
秋房はすごく単純で感情がはっきりしててわかりやすいですね(笑)。
主人公には従順で、空疎を毛嫌いしてて、胡土前にはすごく懐いててかわいかったv

最初にバッドEDを見たので、玉依姫指南所で智則が必死に「智則ルート!」を連呼している意味が分からなかったんだけど、最後までプレイして理解しました。
うん、これは智則ルートだ。
千年後にはちゃんと言蔵家の子孫が攻略対象に格上げされてるから安心してね(笑)!
「ちなみに、秋房ルートにはBADENDしかありません。途中から智則ENDを目指しましょう」
マジですか!?
しかし吉影にあっさり否定されてしまいました。
本当にあるのかと一瞬期待しちゃったよ!

意識のない秋房の手を握っていたら、気が付いた時にびっくりして謝られたよ。
「いえ、無意識に、その……!姫様のお手を握ってしまったようで……」
それくらい構わないと言うと。
「と、年頃の姫君がそのようなことを仰ってはいけません!」
「これはもう……生涯、手を洗えないぞ……」
なんて初心なんだ!(≧∇≦)

鍛錬中、試合で主人公に勝ち、涙する秋房に笑った。
「ついに……ついに、ついに、ついに!!」
「姫様をお守りする立場でありながら、姫様より弱いという……!」
「我ながら、究極的に情けない立場を!!今この瞬間!!俺はついに脱した!!」
確かにそれは情けない(笑)。
「ついに俺は……姫様より強くなった!!」
「やったああああああああああああああ!!」
そして実は負けず嫌いな主人公も可愛かったです(笑)。

単細胞な性格と主人公のことを思う気持ちを利用され、あっさりと道満に騙されてしまうところがアレですね。
今までは「もう、秋房ったらおバカなんだから!(でもそんなところが可愛いv)」と微笑ましいおバカだったのが「アンタ、なんてことしてくれたんだ……!」という救いようのない大馬鹿者に……(;´д`)。
今回は騙されて暗殺も未遂に終わったけど、万が一成功していたとしたらそれで良かったのだろうかと。
主人公が自分のために秋房が暗殺をしたという事実を知ったらどういう気持ちになるか……。

帝暗殺の疑いをかけられ季封村に戻る途中。
夜、小屋を抜け出した秋房を見ていると幻灯火に言われた「追いかけたいなら、素直に追いかけるのもいい」という台詞が「おそらく、貞繁が晴明の予言を信じているなら間違いなく玉依姫を戦いに赴かせることでしょう」という吉影のセリフになっててビックリした!何これ、バグ?びっくりした!
シリアスな場面なのに~~!!

道満と二人きりになったら彼がいろいろ語りだしたので「もしかして何か同情できるような過去が…!?」と思ってたら、本当に晴明に対する対抗心だけだった(笑)。
だって、あんなしんみりした音楽が流れて悪人が過去を語りだしたら何かあるって思うよね!?
道満は本当に悪い人ですね!心が痛まないからそれでいいや!

道満に連れ去られた主人公を追ってきた秋房。
玉依姫を守る役目のために追ってきたわけではないと。
「俺は、玉依姫ではなく――」
「罪に喘ぎながらも、必死で前を向く……」
「この世で最も大切なあなたを助けに来たんです……!」
「惚れた女を……この手で取り返したい。それじゃ、納得できませんか」
こんな場面で愛の告白ー!(≧∇≦)

突然の智則登場には驚きました。
「なぜ俺ではなく、秋房などを……!」
ここにきてまさかの三角関係!?智則が主人公のこと好きだったなんて気づかなかったよ!!

誰よりも剣の封印を考えていた智則。しかし、それを一番憎んでいたのもまた彼なのでした。
自分が愛する者を壊していったのはこの季封、因習。
「あなたの苦しむ姿を、ずっと……!!」
「ずっと傍で見てきた、俺が……!!」
「ずっと見つめ続けた俺が!!苦しくないとでも思ったのかよ!!」
「俺だって……あなたを愛してた。秋房より、ずっと、ずっと強く……」
智則の悲痛な叫びが……(T△T)。
「なんでだ……!なんで……俺じゃなく秋房なんだ!?詞紀!!」
だって、智則は攻略対象ではないから…(;´д`)。

覚醒後の秋房vs智則のスチル。
どう見ても秋房の方が悪役に見える(笑)。
二人とも主人公を救いたいという気持ちは一緒なのに何でこんなことに(T△T)。

剣を一度解放し、その後使い手を倒すことにより剣は壊せる。
智則は悪役として死ぬつもりでいたのでした。
「最初で最後のわがままだ。こんなに格好いい役は……お前には譲ってやれないな」
智則~~~!(T△T)。


ED
「今、これからあなたを、俺のものにしますよ。詞紀様」
キャー!(*ノノ)
そういや空疎との婚約はどうなったの?あの空疎様が素直に秋房に譲るとは思えないけど(笑)。

しかし結局帝暗殺未遂に対する処罰(?)も何かうやむやになっててシナリオ的にはちょっと残念な感じでした。
やっぱりどうしても秋房の軽率な行動は許せなくて……。
主人公はもちろん、吉影や古嗣にも迷惑かけまくりだし。
アンタ馬鹿なんだから誰かに相談しなきゃダメだよ(;´д`)。
秋房自体は好きなんだけど、このシナリオでは秋房に対する株が下がった感じです(> <)。
幻灯火ルートの秋房の方が好きだなぁ。

そして欲を言えばもうちょっと智則とのエピソードが欲しかったなぁ。
主人公のことを好きだったというのが唐突でビックリしたので。
ファンディスクでは智則が攻略できるようなのでそちらに期待します!