FC2ブログ
王道かと思って最初にクリアしたんだけど、最後にしとけばよかったかなとちょっと後悔です。
何かものすごくメインシナリオっぽい気がする…!
シリアスで重くて辛いですね。
敵が現れる→戦闘→絶望的→攻略対象が覚醒(?)して撃退→再び敵が…みたいな感じで相変わらずの緋色のパターンでした。
やはり戦闘が長いのがちょっとしんどいなぁ。
でもシナリオは緋色の世界ともリンクしていてとてもよかったです。

以下ネタバレなのでご注意を。
長くなったので続きを読むからお願いしますm(_ _)m

ちまきを気に入る幻灯火がかわいかったです(笑)。
祐一先輩のいなり寿司思い出したよ!
ちょっと天然っぽいところはやはり祐一先輩と似てる(笑)。

最終的に幻灯火の過去の仲間であるアテルイと対決することになるんだけれども、幻灯火によって不死を与えられた彼が本当に気の毒でした……。
しかもその後幻灯火は彼の前から姿消しちゃうわけだし。
あれだけひどい目に合わされたなら戦いをやめて普通に生きられるわけないよなぁと。
せめて彼の心の傷が癒えるまで幻灯火は傍にいるべきではなかったのか。
まあ、過ぎたことを言っても仕方ないけれど。

何か玉依之指南所でも言われてたけど、あまり甘くはなかったような気がします。
もう、いろいろあり過ぎてそれどころではない…!(> <)
甘さはファンディスクに期待です。


ED。
空疎尊が先生に……(笑)!意外と似合う!?
しかし智則が姿を消したってどういうこと!?
貞繁に剣の封印方法(玉依姫を剣で殺すこと)を教えてしまった責任を感じて自ら姿を消した…ということかな。気になるー!(> <)

ノーマルED。
これが緋色の世界に続くお話なんだろうけれども。ああ、もう、報われない…。
一人生き残った空疎尊…これが真弘先輩の話にも繋がるんだなぁと。
ああ、もう、切なすぎる!(T△T)
隠岐家=鬼崎家だったのにはびっくり。拓磨の祖先は隠岐家なのか。


今回は幻灯火を攻略したのですが、このルートだと婚約者である空疎尊がちょっと切ないですね。
幻灯火に惹かれて空疎尊に罪悪感を感じていたら「剣を失い、玉依姫でなくなった貴様に価値はない」と言い放ち。
「……貴様との婚約など、今この場で破棄だ」
あっさり身を引くところがもうかっこよすぎるー!(T△T)
「我の妻になるはずだったあの女は、相手にしていて退屈しなかった」
「……嫌いでは、なかったのだがな」
なんというツンデレ!
ああ、もう、ただでさえ好みなのに心が揺れまくるではないかー!!(> <)


そして秋房も不憫ですね。きっとどのルートでもそうなんだろうなぁ。
基本的にシリアスな展開が続くので彼の存在は和みました。
胡土前に何か嫌なことがあったのかと聞かれ、「な、ななな、なにもアリマセンヨ!?」と答える秋房に笑った(笑)。
姫様に惚れてるんじゃないかと指摘され。
「こ、胡土前殿を殺して俺も死ねば、この秘密は保たれるぅううう!!」
何言い出すんだ!?\(>▽<)/
胡土前と空疎尊に突っ込まれて最後に開き直り。
「あああああああ、もう!!!好いていますよ!大好きですよ!!なにか悪いですか!?」
「あんなに可憐で、あんなに優しくて!好きにならないほうが、おかしいでしょう!?」
いやー!もう、聞いてるこっちが照れてしまう―!(≧∇≦)
胡土前からの「好きならモノにしたいのが普通だろ?」という問いに。
「それは……いいんです。今の姫様は幸せそうだから」
「俺はあの人が笑顔でいられるなら……それでいい」
「だから……だから俺はもっと強くなる!あの人の笑顔を守るために!」
秋房……(; ;)。

そんな秋房の気持ちも知らない主人公は、秋房に幻灯火のことばかり考えてしまうと相談しちゃった!
どんな重い使命や宿命を持っていても主人公はひとりの人間だから別にいいじゃないですかと言う秋房。
「きっと、あなたの中にあるその気持ちは……とても人間らしい気持ちのひとつだから」
その気持ちの正体を自分は知っているが、それを教えるのは幻灯火の役目だと。
あああ、もう切なすぎるー!(T△T)

最終的に秋房が死んでしまうのにはビックリしました。
今回は幻灯火ルートとはいえ、バッドEDやノーマルED以外では主要キャラは死ぬことはないと思っていたのに……(涙)。
古嗣に関してはこのルートではあまり語られることはなかったので、あまり思い入れはなくそれほどショックではありませんでした(←酷)。
恨む気持ちはないし嫌いではないけどね。
彼は彼なりの信念があったのだろうとは思うのでそれはまた古嗣ルートで。

…あれ?
何か幻灯火よりも秋房のことばかりになってしまった(汗)。