FC2ブログ
かなり前ですがときメモGS3、平くんクリアしました!

彼は平凡で、斉木楠雄のΨ難に出てくる普通すぎる佐藤くんのようでした。
高パラーメータの主人公に周りが勝手にときめいてるのは照橋さん思い出しました。
完璧美少女ってまさにローズクイーン!
彼が主人公に近付こうとしてもお約束のように邪魔が入るところが可哀想でした(笑)。
でも徐々に距離が縮まり、3年目の文化祭でついに活躍の場が!
怪我をした王子役の代役に立候補する平くん。
「君のヒロイン役が見られなくなるなんて、俺、絶対いやだからさ。」
「平くん……」
「今年は頑張るって、言っただろ。」
わー、よくやった!頑張った!カッコいい!!\(>▽<)/
本番も無事成功したものの、ローズクィーンの主人公とは釣り合わないと言われ落ち込んでしまうところは切なかったです。
「○○さん、俺……、なんか出しゃばりすぎたみたいだな。」
「ごめん、せっかくの演劇を台無しにしてしまって。」
あああ……(;´д`)。
その後卒業まで疎遠になってしまうのも寂しかったです。
「……君は優しくて、俺にも声をかけてくれるだろ。だから、俺、勝手に勘違いしてた。俺の方こそごめん。」
「君は学園のヒロイン。俺なんかが近くに居たら、おかしいって、わかったから――」
ああ、切なすぎる……!(> <)

EDにて。
1年目の体育祭の時の髪留めが出て来たのに感動しました。
そんなことすっかり忘れてたよ……!
「俺、中等部の頃から、ううん、その前からずーっと、運動も勉強もそこそこで、全部、中途半端だった。」
「でも、君と一緒にいた3年間は全力で君だった。こんなこと初めてだったんだ。」
主人公のために頑張る平くん、愛おしすぎる!

ちなみに振った場合。
「最後に写真を撮らないか?」
「ここなら、邪魔は入らないよね。」
この後、画面暗転→シャッター音で終了となるのが切なすぎて泣けました。
今まで邪魔されまくった平くんが「思いを伝えられただけで十分」と言うのがもう……(涙)

それにしても平くんを攻略するにはローズクィーンにならないといけないし、一回でも「見る」コマンド見落としたらフラグ折れちゃうから細心の注意を払わないといけないし、普通の人を攻略するのがこんなに大変だなんて……。
王子攻略する方がずっと楽だったよ!!