FC2ブログ
魔法使いとご主人様、ハワードをクリアしました!
ハワードはこの物語の核となるシナリオだと思ったので、本当は最後に攻略したかったんだけど……。
彼をクリアしないとサイラスが攻略できないそうなので先に攻略することにしました。
攻略順にこだわりがある場合は攻略制限あると辛いですね!(> <)

以下ネタバレなのでご注意を。


タイトルの「魔法使いとご主人様」はここからきてるのかな。
主人公が魔力がない理由、使用人たちの秘密が明らかに。

ハワードの主人(=主人公のずっと前世)は偉大な魔法使いで、その力が強大すぎるため世界を滅ぼしてしまう。
だから転生を繰り返し、段々魔力が薄まっていくのを待っている……ということでいいのかな。
他ルートで暗殺者を仕向けたのはネロで、その理由は早く主人公に転生して欲しかったから。

以上を踏まえてマイセンイベントを振り返ってみると……。
主人公は魔法は使えないものの実はすごい魔力を秘めていたが、それを知らずにマイセンが主人公に魔力を与えようとした時に逆に主人公の魔力を引き取る結果となった。
マイセンは自身がその魔力に食い尽くされないために、ミハエルと契約し魔力を食べてもらっている(←アラロスマイセンイベントより)。
マイセンはその魔力をどうにかする方法を探して放浪の旅を続けている。
……ということでいいのかな?アラロスでのイベントうろ覚えなのでこれでいいのかあやふやだ(汗)。

まあ、今回はハワード攻略なのでマイセンのことはおいといて。
主人公は意外と早い段階でハワードのことを好きになっちゃった気がします。
元々何だか居心地のいい、懐かしい感情みたいなものはあったしね。
そしてそうだと気づいたらあっさりと告白するところがさすが主人公。
しかしその気持ちは錯覚だと言われ何だそりゃー!( ̄д ̄)
彼に対して持っている好意を恋愛感情だと錯覚してしまっているのだと言われてしまったよ。
何だかあやふやなことを言っているので…。
「ふってくれなかったんだから……期間中につきまとわれるのは、覚悟することね」
主人公、カッコいい!\(>▽<)/

その後いろいろあって、どうやらハワードも主人公を意識し始めていい感じになったのに。
「……あなたを相手に、こんな気持ちになるなんて私は相当狂っている」
「……っ、し、失礼極まりないわよ、その言い方」
その気になったら狂っているだなんて自分はいったいどんな女なのだと(笑)。
いいムード台無しだよ!\(>▽<)/

ハワードは他キャラと比べて甘さ控えめかなぁと思ってたら、まさかのアレですよ!もう!ビックリした!!
他キャラでは夜いいムードで暗転……みたいな感じだったのに、一緒に朝まで迎えるとは。
スチルもセクシーで破壊力抜群でした。ああ、もうやられた!(≧∇≦)

ベストED。
まるでセラスの方が従者みたいでした(笑)。
学園が忙しくて常に主人公の傍にいられない事でハワードを責めるセラス。
もう、これ、セラスが従者でいいんじゃないかなー。結婚相手はハワードということで!
……と思ったら、実はいろいろ考えていたセラスなのでした。

主人公は年を取るが、ハワードは年を取らない。長い人生を生き、転生する主人を待っている。
自分は年を取って死ぬが、ハワードは生きて完全な再会を果たすべきだと言う主人公。
「でも、私が生きているうちは、私を愛して」
主人公は完全には思い出していないものの、転生に関して薄々気づいている様子。
たとえ永遠ではなくとも、今、この時が一番幸せなのだと思う主人公なのでした。
ハッピーEDのようで実はちょっと切ない(; ;)。

グッドED。
セラスもいろいろと事情を知っているのかな?
プリンセス呼びを禁止され、話しかけられなくなるハワードが可愛いvv
そして「まさか私の名前を忘れたのでは?」と疑うプリンセスが(笑)!
訪問の度に主人公の魔法をかけ記憶を消していくというのは切ないですね。
『現れては、思い出させ。訪ねては、記憶を消していく。』
「あなたがあなたであるために、何度でも消そう」
「あなたが好きだ……、○○(主人公)……。……だから、思い出さないでくれ」
今は一緒にいるのだから霞んでしまってもいいと受け入れる主人公なのでした。
やはりこちらも切ない(; ;)。
スポンサーサイト